認定試験の申し込み

交流分析士2級を受験するには、受験料の支払い、日本交流分析協会の会員であることの他に、

支部開催の2級講座・または登録TAカレッジで規定時間以上の受講を証明する「2級受講証明書」(40時間)が必要です。

交流分析士1級を受験するには、同様に「1級受講証明書」(42時間)が必要です。 


2020年10月交流分析士認定試験<長野県会場>


<長野会場>日程・会場

【1日目】10月17日(土)10:00~17:00

     Zoom講座

    9:00よりZoomで受付

【2日目】10月18日 (日) 10:00~15:30

       長野県塩尻市市民交流センター

    えんぱーく

    9:15より会場で受付

受講料 【1級】38,500円

    【2級】33,000円 



交流分析士2級、1級の認定試験申し込みについて

 

❶「認定試験に申し込む」ボタンをクリック。

❷フォームに入力して送信してください。

❸登録メールアドレスに関東支部から返信があります。

❹メールに記載されている要領で受講証明書の画像をメール添付で送信してください。

❺受験料の支払いを済ませてください。

 長野県会場の講座コードは、1級が「3001」2級が「3002」です。

 銀行振り込み・ゆうちょ払いの時は振込名義人のお名前の前にこのコードを記入してください。

❻入金の確認後、受験票が郵送されます。

  

申込み締め切り

2020年10月2日(金)10:00

こちらには認定試験案内を掲載する予定です。しばらくお待ちください。



試験会場は、塩尻市市民交流センター「えんぱーく」ICTルームです。

長野県塩尻市大門一番町12−2