緊急事態宣言への対応

2021年1月8日に「新型コロナウィルス感染症 緊急事態宣言」が行われました。

関東支部では、実施期間である3月7日まで、事務局の出勤を控え在宅勤務といたします。この期間においては電話対応ができなくなりますが、メールは随時確認でき対応可能です。お問い合わせは下のボタンをクリックするか、このHPの「サポート・Q&A」から送信してください。


交流分析士認定試験 実施のお知らせ

2021年3月27日~28日に交流分析士1級・2級の認定試験が行われます。

28日にはインストラクター受講資格試験も行われます。

会場は東京都目黒区大橋会館です。詳細・お申し込みはこちら。


インストラクター定例会

2021/2/28 10:00~16:00 Zoom講座で行われます。

午前は井手之上修准教授による「脚本分析」午後はグループ討議です。

更新ポイント 1

詳しくはこちら

 


インストラクター資格更新研修会

2021/3/20 10:00~16:00 Zoom講座で行われます。

講師は川合由美子教授です。

更新ポイント 2

詳しくはこちら


理論講座 自我状態の迷宮

自我状態の諸説をどう受け止める?

講師:下川完平准教授

自我状態はTAの中心概念でありながら、バーン自身がその定義を変化させたり、矛盾していると思われる表現をしていたため、未だになかなか理解が進まない状況になっています。ご一緒にあれこれと議論しながら迷宮を歩いてみませんか?Zoom講座です。

更新ポイント 1

詳しくはこちらをご覧ください。


TAカレッジ勉強会(Zoom)

TAカレッジを運営している方、これからやりたい方が対象の勉強会です。

TAカレッジに関心のある方、お気軽にどうぞ。Zoomでの勉強会です。(無料)

2/21(日)19:30-21:30 はZoomの使い方を学ぶ勉強会  

     お申し込みありがとうございました。2/21勉強会は満席となりました。

 

3/14(日)19:30-21:30は受講生の募集や会場の探し方など一緒に考える勉強会です。




TAカレッジはTAを身近で学べる場所です。お住いの近くに、TAカレッジがあるかもしれません。2級・1級講座を受講したいとき、所在地・日程・講師紹介や問合せ先を知りたいときはこのボタンをクリックしてください。



インストラクター養成講座申し込み受付開始

インストラクター養成講座の申し込み受付を開始します。

詳細とお申し込みはこちら


「会員活動報告集 第10集」の原稿を募集してます

「会員活動報告集 第10集」の原稿を募集しています。TAを職場や家庭でどのように活用しているか、会員活動報告集に書いてみませんか。締切は3月5日です。

投稿の仕方、原稿の書き方など詳しくはこちらをご覧ください。

 


受講の申し込み方法・チケット・受付方法が変わりました。

支部会員の皆様のご要望が多かったネット申し込みに関してのお知らせです。

HPやメールマガジンからの受講申し込みが、より簡単・便利になりました。

お支払いも、クレジットカード払いで申し込みと同時に済ますことができるようになりました。

申し込みをすると、必ず申し込みを受け付けたとの返信メールが届きます。

クレジットカード払いならすぐに、メールでお支払いの確認と「QRコードによる受講チケット」が届きます。

銀行・ゆうちょの支払いなら、事務局での入金確認が完了すると同様に「QRコードによる受講チケット」が送信されます

※コロナウイルスの感染拡大に伴い当分の間、名簿による受付(Zoom講座・会場講座とも)を行います。

QRコードによる受付は行いません。

お支払いは早くて手数料のかからないクレジットカード払いがお得で便利です。

関東支部では今後も会員サービス向上と省資源、また皆様の会費をより効果的に大切に使えるよう、合理化に努めて参ります。

ご理解とご協力をお願いいたします。

詳しいお申し込み方法


HOT NEWS


新しいメールマガジンにご登録ください。

便利に美しく生まれ変わりました。

講座などの情報から直接申し込みできます。

お支払いも即クレジットカードでできます。

(銀行振り込みも選択できます)

これまでのメールマガジンではできなかった、様々なことが可能になります。

新しいメールマガジンには、新たな申し込みが必要です。

ご登録をお願いいたします。

画像をクリックすると申込ページにジャンプします。


このホームページは日本交流分析協会関東支部の新しいホームページです。

2019年9月1日、これまでの「ta-kanto.com」から「ta-kanto.org」へ

完全移行しました。

➊スマホ対応になりました。

❷受講申込みから受講料の支払いまでホームページ上で可能になりました。

❸クレジットカード払いが可能になりました。

❹新しいメールマガジン(購読申し込みが必要)と完全連携。

 受講申込・支払いにメルマガから直につながりました

 


日本交流分析協会のホームページはこちら