交流分析(Transactional Analysis)とは・・・

交流分析とは

アメリカの精神科医エリック・バーン(Eric Berne 1910-1970)のよって開発された、精神分析と人間性心理学を取り入れた人の心と行動を快適にするための心理学です。

交流分析を学ぶと

  • 自分の「心のクセ」が分かることで、悩み事や困っている事に対する気持ちが軽くなる。
  • 人間関係、人付き合いが楽になる。
  • 自分の生き方が改善される。

こんな方にオススメです

  • 人目が気になり、嫌われるのが怖い。
  • 人間関係がうまく築けず、孤独を感じている。
  • 他人の行動が気になり、イライラしてしまう。
  • 自分の意見を言えず、周りに流されてしまうことがある。

メールマガジン登録のお願い

交流分析協会関東支部では毎月2回、メールマガジンで様々な情報をお伝えしております。

ぜひ、メールマガジンを登録し、一緒に交流分析を学んでいきましょう。

メルマガ登録はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bit.ly/3vMvKB8

ご登録いただくと、自動的に確認メールが届きます。

迷惑メールやドメイン指定受信等を設定している方は、確認メールが受信できるよう、【@benchmarchemail.com】の登録をお願いします。

ドメイン登録の設定をされていない場合、確認メールが届かないことがあります。



交流分析のジャンル

自我状態

人の思考・感情・行動についての内容や働きについて学びます。

やりとり分析

日常行われているやりとりにはどのようなタイプがあり、うまくいかないやりとりがあれば、それを変化させるにはどうしたらよいかを学びます。

ストローク

人間関係の基本になる"ふれあい・認め合い"の大切さについて学びます。

ディスカウント 

自分・他人・状況についての問題を正しく把握せずに過小評価したり、解決のチャンスを無視したりする心のシステムについて学びます。


人生の立場

人は自分や人生に対する基本的な立場を幼児期に決定し、大人になっても無意識にその立場で過ごしていることを理解します。

心理ゲーム

人が、知らず知らずのうちに繰り返し行う後味の悪いやりとりについて理解し、そこから脱出する方法について学びます。

時間の構造化

人は人とのふれあい、あるいは人間関係の求め方によって、六つの時間の使い方をしていることを知り、自分にとって有意義な時間の使い方を検討します。

人生脚本

人生早期に無意識のうちに組み立てているという人生脚本の内容を知ることにより、自分をしばる脚本から脱却して、自分が幸せになるための脚本の書き換えを検討します。


資格のステップ

「あなたも交流分析を学んでみませんか」


交流分析2級講座

こちらの講座を受講することで、交流分析2級資格試験を受験できます
詳細こちらから

理論講座    (非会員参加可能)

日時:7月20日(土) 21日(日)

交流分析とゲシュタルト療法

~交流分析の過去から現在、

そして未来への展望~ 

講師:室城隆之先生

こちらから

なるほどぉ~納得!日常心理学   (無料)

日時:6月7日(金)
                20:00~21:30

 『人間関係の悩みを
                     解決するヒント』

講師:坂東 功規インストラクター

詳細こちらから

わかる!交流分析入門講座(有料)

日時:6月13日(木)

   6月20日(木)

 両日とも20:00~21:30

講師:坂東功規インストラクター

詳細こちらから



ことば 受講者の声

ことば
ずっと人間関係に悩んでいました。
TAを学んで、親に気に入られる行動をしていることに気づき、
振り返ってみれば、幼い頃の経験が大きく影響受けていることにも
気がつきました。その影響を受け取ったのは自分、決断したのも
自分だと納得できたような気がします。


ことば会社の研修で交流分析を知りました。
これまでの私は引っ込み思案で何をしても楽しめなかったのですが
受講したことで明確に何をどうすればいいのかわかりました。